<お知らせ>

急で申し訳ございませんが、台風等の影響により、
10/12(土)の診療が9:00~15:00(昼休憩無し)までとなります。


大田区のはり・きゅう・マッサージ・指圧施術割引券が
当院でも使えるようになりました。

<日曜診療のご案内>

7月14日をもちまして日曜診療は終了いたしました。

テニス肘はテニスだけの症状ではありません。

2018年11月30日

ニス肘(外側上顆炎)とはテニスのバックストローク時の痛みが主な症状です。

 

人は物を握ってもつ時、手関節をやや反らす事で、しっかりと握る事が出来る。手関節を反らす動作では手関節背屈筋群が働くため、その始まりである肘の外側には負担がかかります。

 

その為、物を握って持つ時やパソコンのタイピング動作でも痛みが生じてしまいます。

 

テニスをしていなくてもこの症状がある場合、テニス肘と呼ばれます。

 

治療としては、

痛みの程度に応じてプレーを休止し局所の安静を図る。

日常生活でも痛みがある場合は、重いものは反対の手で持つ。

パソコンのキーボード操作時に手の下にクッションを置くなど配慮する。

手関節背屈筋群のストレッチを行いながら痛みの軽減とともに、段階的に競技復帰する。

テニス肘バンドを用いるのも有効です。

改善が見られない場合、局所への注射やまれに手術が行われる。

 

当院では、鍼治療や、マッサージ治療、超音波治療などで痛みを軽減させております。

肘の痛みでお困りの方はぜひ太陽鍼灸整骨院へいらして下さい!

診療案内はこちら!!