<日曜診療のご案内>

7月14日をもちまして日曜診療は終了いたしました。

夏は野球の季節!野球肘について。

2019年07月19日

野球肘とは、

投球動作等の繰り返し、オーバーユースによって肘の関節に過度のストレスがかかることによって痛みや可動域の低下をきたすスポーツ障害です。

 

野球肘という名称ではありますが、発症のキッカケは野球だけではありません。バレーボールやバドミントン、テニスのサーブなどでも野球肘を発症します。

 

症状は肘の内側に痛みが走ることが多く、これは肘に負担のかかる運動のしすぎで肘の内側の靭帯が剥がれてしまうことによって引き起こされます。

 

稀に肘の外側に痛みが出ることもあります。この場合は関節の軟骨が摩擦して痛みが引き起こされています。

 

 

特に骨や軟骨の成長が充分でない子どもに多く起こる為、小学生や中学生の時は要注意です。

 

当院では野球肘の患者さんも多くご来院頂いておりマッサージ、鍼灸、超音波治療、電気治療などさまざまな方法で一人一人の患者さんに1番合う治療をさせていただいております。

 

ぜひ一度ご来院下さい。