<日曜診療のご案内>

2019年7月14日をもちまして日曜診療は終了いたしました。

足裏の疲労からくる足底腱膜炎!あのサッカー選手も悩んでる!?

2020年02月18日

足底筋膜炎

症状

足の裏に痛みがあり、それが運動中だけでなく日常でも痛みがあり支障をきたします。

朝起きて、最初に歩いた瞬間に痛みがあるかどうか、というのが大きなポイントの1つとなることがあります。

土踏まず全体が痛むこともありますし、踵の部分やその奥が痛むこともあります。

原因

寝ている間は足はつま先が下を向いた状態のため、起き上がって立とうとすると、必然的につま先を上げて足底筋膜が緊張します。

そして痛みがでるのです。

痛みにより体重をかけることが難しかったり、歩行困難な場合もあります。

足の形(偏平足や甲高)に特徴がある子に起きやすいともいわれますが、足裏のアーチ部分を支える筋肉に疲労が溜まり、炎症が起きます。

 

足底筋膜とは、足の裏にある筋肉と腱の固まりで、踵から足の指に向かって扇のように広がっている組織です。

この筋膜に痛みや炎症があると、「足底筋膜炎」という外傷名がつきます。

この足底筋膜が固いと、疲れやすくなったり、衝撃が吸収しづらくなったりするため、足の裏の柔軟性はとっても大切です。

疲労がたまらないように、竹踏みなどで足裏をほぐす、というのも効果があるようなので一度試してみてください。

現在世界一のサッカークラブ、リバプールのキャプテン「ジョーダン・ヘンダーソン」選手はこの足底筋膜炎に悩まれながらプレーをしているようです。

とてもサッカー選手に多いけがなので侮れません。

分からないことがありましたら、スタッフに気軽に聞いてみてください。

 

”足底筋膜炎”はもちろんその他足の痛みについてもブログを書いてます!あわせてご覧ください!!     →足に関するブログページへ