<日曜診療のご案内>

2019年7月14日をもちまして日曜診療は終了いたしました。

ランニングをする人に多い腸脛靭帯炎。原因はオーバーユース!?

2020年03月06日

ランニングを始める季節になってきました!

そこで多いのが膝の外側の痛み。それは腸脛靭帯炎ではないでしょうか??

今回はその腸脛靭帯炎についてです!!

 

●原因・発症のメカニズム

腸脛靱帯炎はランニングによる膝障害の代表です。ランナー膝とも呼ばれます。

原因は膝の屈伸運動を繰り返すことによって腸脛靱帯が大腿骨外顆とこすれて炎症を起こし、痛みが発生します。

特にマラソンなどの長距離ランナーに好発しますが、 他にもバスケットボール、水泳、自転車、エアロビクス、バレエ等でもおこる可能性もあります。

発生の要因はオーバーユースです。

過剰なランニング時間と距離、柔軟性不足(ウォームアップ不足)、休養不足、硬い路面や下り坂、硬いシューズ、下肢アライメント(内反膝)など、さまざまな要因があります。

 

●症状

膝の外側(大腿骨外顆周辺)に限って圧痛が存在します。

腸脛靱帯は明らかに緊張が増し、時に靱帯の走行に沿って疼痛が放散します。

初期はランニング後に痛みが発生しますが、休むと消失します。

しかし、ランニングを続けていると次第に疼痛は増強して、簡単に消失しなくなってきます。

 

健康の為に走る人が増えている為、腸脛靭帯炎、ランナー膝の症状が出ている人も増えています。

 

心当たりのある方は、初期のうちに治療をする事をおすすめします。

 

是非、太陽鍼灸整骨院までご来院下さい!

診療案内はこちらをご覧ください!!        →診療案内のページへ

他にも膝の痛みの症状のブログを書いてます!!ご覧ください!!                    →ブログページへ