<日曜診療のご案内>

2019年7月14日をもちまして日曜診療は終了いたしました。

マッサージのNG パート2

2020年12月14日

①「揉んでもらったら、あとはぐっすり眠りたい」はNG。

 

凝りは、筋肉が固まり、血流が阻害されることで起きる。それを揉みほぐして、正常な状態にするのがマッサージだ。しかし、施術が終わったあと、そのまま放置しておくと、カラダは元の状態に戻ってしまう。

だから、マッサージした後ですぐに眠ってしまうのは、いただけない。終わったら、凝っていた場所を動かすことが大切なのだ。

肩が凝っていたなら、マッサージ後に、しばらくグルグル回すのでもいい。動かすことで、さらに血行が良くなって、小さかった可動域も広がってくれるのだ。

⓶「つらいと思ったそのとき、やってもらうのが一番」はNG。

 

食後は食べ物を消化するために、血液が内臓に集まる。こんなときにマッサージをすると、血行が促進されて、血液が全身に散ってしまい、食べ物が消化されにくくなる。

また、全身の組織も柔軟性を失っているし、血液粘度も上がっているので、マッサージの効果も出にくいだろう。さらには、仰向けから、横向きに、そしてうつ伏せというように、マッサージでは体勢がころころと変わる。これによって、気分が悪くなってしまうこともあるのだ。

ベストタイムは食間。気分よくカラダを再生できる。

③ 「デスクワークの疲れは、その日に揉みほぐす」はNG。

 

デスクワークでの疲れ。これは、筋肉がずっと使われないために硬くなり、血液の循環が悪くなったことで起きる。

もちろん、マッサージはこのような状態に対応してくれるが、それ以上の効果を得られる方法がある。それが、運動なのだ。じっとしていた筋肉を積極的に働かせるのである。

仕事が終わって、疲れたと思ったら、近くの公園で歩いてみよう。それだけで血流は良くなり筋肉はほぐれ、何より気分もスッキリする。動いていなかったものは動かす。これが、一番有効な対処法なのである。

 

このように、マッサージを受けるのにより効果的なタイミングがありますね。

分からないことがあればスタッフに気軽に聞いてみてください。

太陽鍼灸整骨院