<日曜診療のご案内>

今年の4月より、
第2・第4日曜日  午前(9時~12時)のみ
診療させて頂きます。

※試験的に行いますので、突然変更になる場合などがございます。
 ご理解・ご了承頂けますようお願い致します。

肘の痛みでお困りではないですか?

2018年06月10日

今回皆さんに紹介するのはテニス肘についてです。

テニス肘とは正式には上腕骨外側上顆炎と言い、テニス愛好家に多く発生することからこのような俗称で呼ばれています。

症状として、バックハンドでボールを打ち返すときに肘の外側に痛みが走ります。

その他にも、手首を反らせるように腕に力を入れたり、ドアノブを回そうとしたり、雑巾を絞る時などにも痛みが出ます。

30代~50代の女性に多く、テニス歴がなくても普段の家事やパソコンキーボードの打ち過ぎが原因でなる場合があります。

肘の外側には外側上顆という骨の盛り上がりがあり、その部分に手首を背屈させる筋肉群が付着しています。

 例えばテニスでボールをとらえるとき、ラケットを強く握って手首をかえす動作では前腕の筋肉が強く収縮し、外側上顆付近には大きな負荷が加わります 。

また、テニス初心者など、ボールをラケットの中心でうまくインパクト出来ていないことも肘への負荷の原因となります。

 上腕骨外側上顆炎はこのような負荷を繰り返すことにより、付着部付近の筋肉が炎症を起こした状態をいいます 

痛みを感じる動作を止めることが大切ですので、完治するまで、スポーツは控え、安静を保ちましょう。

当院ではストレッチなどの手技療法や物理療法(温熱、超音波など)はもちろんのこと、鍼灸治療も行えます!

なかなか痛みが消えないという方はぜひご相談ください。

大田区池上太陽鍼灸整骨院