<お知らせ>

大田区のはり・きゅう・マッサージ・指圧施術割引券が
当院でも使えるようになりました。

<日曜診療のご案内>

7月14日をもちまして日曜診療は終了いたしました。

子供が痛いという事。SOSを聞き逃さないで!!

2019年11月08日

「痛い」ことは悪くない

痛みは、親にとっても嫌なもの。子どものボキャブラリーでは、どのくらい痛いのかさっぱりわからないうえ、いざ医者に連れていくと「今は痛くない」と平気で言い放ったりするからです。

お医者さんからも、「…痛いときに連れてきてもらえますか?」と言われたことがある人もいるのではないですか?

が、「痛い」と言うことを、絶対に我慢させないようにしてください。「簡単に痛い痛いって言っちゃダメ!」は禁句にしておいてください。

ある高校サッカー選手権に出場するような強豪高校のサッカー部は、とにかく先輩と後輩、監督と選手のコミュニケーションを大変大事にしています。

「痛いというSOSが出せないような環境だと、選手は我慢してプレーしてしまう。それは、高校サッカーの段階で、選手生命を奪ってしまうことにつながってしまう。

だから、すぐに不調や違和感を訴えやすいような環境にしています。休んだら干す、という一方通行のコミュニケーションは、選手の将来を奪うことになりかねない」

この環境を、ぜひ家庭にも取り入れてください。

 

さて、先日サッカー日本代表の新しいユニホームが発表されました。

みなさんは、どう思いますか?