<日曜診療のご案内>

7月14日をもちまして日曜診療は終了いたしました。

意外と知らないシップの違い!使い分けするとより効果的!!

2016年01月22日

今日はシップについてです。
シップは冷シップと温シップがどちらが良いのですか?と良く質問をいただきます。

ケガをされたの場合は冷シップ、慢性的なコリなどは温シップがおすすめです。

温シップには、唐辛子などに含まれる成分で、温かく感じる様に作られているものが多く実際にシップ自体が発熱してるわけでは無いものが多いです。血行を良くする効果があるので、コリなどにはよいでしょう。

唐辛子成分なので、肌が弱い方などは注意してください。ヒリヒリしたりする方などもいらっしゃいます。

慢性的なコリなどはカイロを布で巻いて温かくするのも効果的ですので、温シップが苦手な方はお試し下さい。

シップの種類も色々とありますので、ご自身でご購入の際はご注意下さい。

当院でも購入可能ですのでご気軽にご相談ください。

_20160122_195452

_20160122_195452

_20160122_195452

大田区池上太陽鍼灸整骨院より