<日曜診療のご案内>

今年の4月より、
第2・第4日曜日  午前(9時~12時)のみ
診療させて頂きます。

※試験的に行いますので、突然変更になる場合などがございます。
 ご理解・ご了承頂けますようお願い致します。

スポーツ障害”シンスプリント”。疲労がたまると起こりやすい!?

2018年08月10日

新しい環境で競技を始めて、運動する環境が変わることによって起きるスポーツ障害があります。その中で代表的なのがシンスプリントと呼ばれるものです。

正式名称は「脛骨疲労性骨膜炎(けいこつひろうせいこつまくえん)」と言い、運動時および運動後に下腿(スネ)の内側に広い範囲で痛みが起こります。

陸上競技の中・長距離選手や、サッカー、バスケットボールなど走ることの多い競技で、中学・高校生の選手に多くみられ、疲労がたまったときに発症しやすいです。

過度の運動量、運動時間、運動内容、硬い路面、薄く硬いシューズ(踵の摩耗)、下肢の形態異常(O脚、回内足、扁平足など)、下腿三頭筋の柔軟性低下、股・膝・足関節の柔軟性低下、足関節可動制限などが発生の誘因となります。

痛みが強い場合は運動量を減らす必要があり、アイスマッサージや足関節周囲の筋肉の強化やストレッチを行いましょう。

痛いのをそのままにしておくと、足の骨にヒビがはいってしまう恐れもあるので早めの治療をおすすめします。

当院ではマッサージの他に超音波治療や、テーピング治療、鍼灸治療も行うことができます。

足の痛みでお悩みの方はぜひご相談下さい。

大田区池上太陽鍼灸整骨院