<日曜診療のご案内>

2019年7月14日をもちまして日曜診療は終了いたしました。

気温が下がり腰痛が出ていませんか?

2020年10月24日

いつの季節も長期にわたって続く腰痛の多くは、筋肉が緊張することで神経を圧迫したり、血液の流れが悪くなったりすることで生じています。

背骨が歪み神経が圧迫されると、痛みやしびれなどの違和感を生じるようになります。また、血流が悪くなると循環して体の各部を温めていた機能が低下し、乳酸などの疲労物質が押し流されずに筋肉に溜まって、だるさや痛みなどの不快な症状を引き起こします。

冬に向け日々気温が下がり、腰痛を発症する人が増えていきます。しかし、お風呂に入り体が温かくなると楽になる人もいることでしょう。このようなタイプは、冷えから起こる腰痛だと考えられます。

私たちの体の筋肉や血管は自律神経によってコントロールされています。通常、寒冷な環境などで体が冷えると、熱を体から逃がさないよう自律神経が筋肉や血管を収縮させることで体温を保ちます。

そうした体の仕組みが、冷えによる腰痛を発症させ、さらには悪化させてしまっている要因になっています。

冬になると、腰痛で苦しむ人が増える傾向にあります。お風呂に入り体が温かくなると、腰の痛みが楽になる、という人。このようなタイプは、冷えから起こる腰痛だと考えられます。

寒い季節特有の冷えからくる腰痛対策は、当然のことながら「冷やさないこと」が重要です。

もちろん鍼灸・マッサージも腰痛治療・予防にとても効果的です。

思い当たる方がいらっしゃいましたら、太陽鍼灸整骨院までご相談下さい!