<日曜診療のご案内>

2019年7月14日をもちまして日曜診療は終了いたしました。

隠れ熱中症に注意です。

2020年08月28日

もうすぐ9月というのに、猛暑が収まらないです。

知らないうちに、“隠れ熱中症”になっているケースもあり、注意が必要です。

連日の暑さで、熱中症になっていても自覚症状があまりない、“隠れ熱中症”となるケースが増えています。

ちょっとした症状があっても、これは疲れているんだ、夏バテなんだと、自分で自分を納得させるような自信家の方にも結構多いです。

“隠れ熱中症”のチェックポイントは

・手のひらが冷たく、頬などに触れると熱く感じる。

・舌が乾き、白っぽくなっている。

・皮膚をつまんで、3秒以上戻らない。

・親指の爪を押して、赤みが戻るのが遅い。

の4つです。

これらは、脱水症状や血液の流れが悪くなっていることを示すサインで、気づかないまま放置すると、症状が悪化する危険があります。

やはり、こまめな水分補給が一番大事なことです。トイレの回数が減った、あるいは、めまい・頭痛・全身の倦怠感を感じたら、隠れ熱中症のサインが出ています。

しっかり水分・塩分を摂って厳しい残暑を乗り越えましょう!