友だち追加

LINEでの診療ご相談・ご予約を受付けております。

リモート腰痛にはストレッチを

2021年02月21日

リモート腰痛では、骨盤が後傾して固まりやすい。ストレッチでは、硬くなると骨盤の後傾を強めるお尻の大臀筋と太腿後ろ側のハムストリングスを柔らかくしておきたい。

 

まずは大臀筋のストレッチを左右各20~30秒キープ×1~2セット行います。

  1. 床で仰向けになる。
  2. 左膝を曲げて股関節の真上まで引き寄せる。
  3. 両手を左膝に添える。
  4. 両手で左膝を抱え、胸に近づけてお尻の大臀筋をストレッチ。
  5. ゆったり呼吸をしながら20〜30秒間キープする。
  6. 右脚をまっすぐ伸ばし、右側の股関節の付け根の腸腰筋を伸ばしておく。

 

 

続いてハムストリングスのストレッチ、左右各20~30秒キープ×1~2セット行います。

 

 

リモート腰痛
  1. 床で仰向けになり、左膝を曲げてお腹まで引き寄せ、両手を太腿に回す。
  2. 左膝を伸ばして、両手で軽く手前に引き寄せて太腿後ろ側のハムストリングスをストレッチ。ゆったり呼吸をしながら20〜30秒間キープする。腰に痛みが出るまで無理に行わない。
  3. 右脚をまっすぐ伸ばし、右側の股関節の付け根の腸腰筋を伸ばしておく。

当院でもストレッチ指導をさせていただいてます。

分からないことがあればスタッフまで