<日曜診療のご案内>

2019年7月14日をもちまして日曜診療は終了いたしました。

手の痺れは気になりませんか?

2020年09月30日

ここのところ、手の痺れを訴える方が多くみられるので、手の痺れを出す可能性がある主な症例と症状を挙げていきたいと思います。

・頚椎症

加齢によって椎間板などの頚椎構造に変性が生じ、頚椎を通る神経が圧迫されることでさまざまな症状が引き起こされる病気です。

・頚椎椎間板ヘルニア

椎間板の一部が正しい位置からずれて、飛び出てしまう病気です。20~30代の若い世代によくみられます。頚椎椎間板ヘルニアでは、飛び出た椎間板が近くにある神経を圧迫し、首の後ろや肩、腕に痛みやしびれなどが現れます。重症例では、手足の麻痺を起こすこともあります。

・胸郭出口(きょうかくでぐち)症候群

胸郭出口症候群とは、上腕や肩の運動や感覚に深くかかわる神経や動脈が障害を受け、肩、腕、手のしびれや痛み、手の動かしにくさなどを自覚するようになる状態です。肩こりとして自覚されることもあります。

胸郭出口症候群はなで肩の女性に多くみられますが、筋肉を鍛えた男性に発症するタイプもあります。

・手根管症候群

手根管症候群とは、指先の感覚や手の運動に重要な役割をする正中神経が障害される結果、しびれや痛みなどの症状をきたす病気です。手首には「手根管」と呼ばれるトンネル状の形態を示す部分があり、このトンネル内には正中神経やけんなどが通っていて、なにかしらの原因で正中神経が圧迫されると、それによって症状が誘発されます。

以上が手の痺れを出す可能性のある主な症例と症状になります。(もちろん他にも手の痺れを出す可能性のある病気はあります。)

これらは

●手技療法

●鍼灸治療

●電気治療

●牽引治療

で症状を改善する事ができ、当院で施術する事ができます。

思い当たる方がいらっしゃいましたら、太陽鍼灸整骨院までご相談下さい。