<日曜診療のご案内>

2019年7月14日をもちまして日曜診療は終了いたしました。

ウィルス対策には喉のケア、部屋の湿度が重要

2021年01月13日

 

 

 免疫力とは、ウィルスなどの病原体を身体の中に入れないために防御する力です。

免疫力があるから、風邪のウィルスを撃退するために扁桃腺が腫れるのです。免疫力が低下するとウィルスが気道の奥まで侵入して肺炎を生じてしまうリスクもあるのです。

喉の免疫を保つために重要なのは喉を潤す事。そのために室内は50~60%の湿度を保つといいのだそう。

喉の線毛の働きが良くなり、ウィルスを排出しやすくなります。また、ウィルスをエアロゾル化しにくくなるので、長く浮遊せず、飛沫も小さくなりません。湿度を保つことで、喉の免疫に有利な状況が作れるのです。また、喉の乾燥予防に飴をなめたり、水分を取ることも効果的だそうです。

 

■歯磨きは毎食後+寝る前、朝食前で1日4回以上。口腔ケアも大事

また、口腔ケアも大事なポイントなのだそう。毎食後はもちろん、寝る前と朝起きて朝食の前にも歯磨きをすることで口腔内から細菌を追い出すことができるそうです。

中でも大切なのは寝る前。夜間は唾液が減って細菌が増えるので、口の中の細菌を減らすことがポイントなのだとか。それでも朝には細菌が増えているので、朝起きてからの歯磨きも習慣にしてほしいとも提唱します。

 

太陽鍼灸整骨院